ココロの体質改善セラピスト 渡辺佳奈子

「毎日を心地よく、自分らしく・・・」


毎日楽しく、気持ちよく過ごしたい。
心の奥ではそう思っているのに、いつもうまくいかない・・・

感情や人間関係に振り回されて
生き難さを感じているあなたに<思考の体質改善>を♡
「あなたらしさ」を見つけ、幸せを実現するお手伝いをします。


【こんな思いを抱えていませんか?】

・まわりの人に振り回されてしまう
・自信が持てない
・人のことばかり気になってしまう
・なんだか不安
・いつもイライラしている
・子どもの気持ちがわからない
・自分が好きになれない


記事一覧(26)

介護職員研修会に登壇しました

去る6月26日、岐阜県デイサービスセンター協議会中濃支部 介護職員研修会にてアンガーマネジメントをお伝えしてきました。 「怒りの仕組みと対処法を介護に活かすアンガーマネジメント研修」と題して、午前はアンガーマネジメントの基本的な内容の講座、午後からはワークを体験していただきました。ワークは「職場で感じる怒り」をテーマに、それぞれの事例についてどんな風にアンガーマネジメントしていくか?というグループワークを実施。 事例の当事者としてその怒りを分析し、また相手の状況も考え、どう行動するか?グループ全員で話し合い、最後に代表者から発表していただきました。このワークは全般を通してアンガーマネジメント的な考え方をすることで、今後アンガーマネジメントを実践できることにつなげるという目的のもと構成を考えました。今年に入り、アンガーマネジメント研修の需要が広がっているなと感じます。研修は実施することが目的ではなく、何をどうするための研修なのか?という目的を明確にし、そして研修後は実践できることが大切だと考えます。今回の研修は担当の方とそのあたりを一緒に考え、構成しました。今後、このような研修のお手伝いができたら嬉しいなと思います。

田原みらいづくり協議会主催アンガーマネジメント講座

社会福祉法人さまで新人研修に登壇しました

先日、社会福祉法人慈恵会さまの新人研修にてアンガーマネジメントをお伝えしてきました。慈恵会さまは昨年度全エリアのほぼ全スタッフの方にアンガーマネジメント研修を受けていただいていて、スタッフの教育に熱心な事業所さまです。 そして、今年度からはアンガーマネジメント研修が新人研修のカリキュラムとして採用されることになりました! 新人研修は年に2回。この春は介護職、看護職、事務職合わせて37名の方が受講されました。 モノを作り販売する仕事と違い、人が人に対してサービスを提供する介護の仕事は知識や技術だけでなく、人としてのスキルも重要な要素です。 スタッフ全員の人間力を引き上げるために誰にでもある「怒り」をきっかけとして感情コントロールを学び、実践できるようになるアンガーマネジメントはとても役に立つメソッドです。 とはいえ、最近ではアンガーマネジメント研修は社員のコミュニケーション、メンタルヘルス、クレーム対応、リスクマネジメントの一環としても採用されはじめています。 仕事のその先には人がいます。そして人には心(感情)があります。 相手の気持ちも自分の気持ちも尊重しながらよりよい信頼関係をつくるために感情コントロールをはじめとしたコミュニケーション能力は社会人にとって欠かせないスキルではないでしょうか? 自分の感情を適切に扱うことが出来る人が増えれば職場も、家庭も、この世の中全体が風通しよく、過ごしやすくなりそうですよね。 わたし自身は何度も研修を重ねることがあっても、聞いてくださるその方にお伝えできるのは大抵の場合は1回のみ。 一期一会を大切に、これからも研修に臨みたいと思います。